無料の古紙回収が事業になる理由

古紙回収は、基本的に無料で行われています。そのため、一般家庭はもちろんのこと、大量に紙ごみが出る企業でも気軽に回収を依頼できるのがメリットです。ただ機密書類の処理については、特殊な工程が必要となるため有料となる場合があります。

古紙回収を無料で行っている会社は、集めた古紙を製紙メーカーに売ることによって、営業利益を得ています。製紙メーカーにとって古紙というのは、新しい紙製品を作るための貴重な原料の一つであるため、回収業者が持ち込む古紙は、コストをかけてでも引き取るに値するものというわけです。

もちろん、どんな古紙でもリサイクルできるというわけではないため、回収業者でしっかりと一時処理を行っています。具体的には、古紙と一緒に入っていることが多いプラスチックごみなどを取り除いて、純粋に紙だけになるようにしています。その上で、紙の種類に応じて分別をしていきます。同じ紙でも牛乳パックと新聞紙、またダンボールでは処理の仕方も、再利用の目的も異なります。製紙メーカーに運ぶ前にこれらをきちんと分けておくことで、適切な処理ができるようになるのです。このような持続可能な形で古紙は集められ、資源の有効活用が実現しています。